あの時の、死の行方

1824年5月のウィーンでウムラウフによる指揮、作曲家の臨席の中、ベートーヴェンの交響曲 第9番 ニ短調の初演が行われた。
翌6月、シューベルトはニ短調の弦楽四重奏曲を書き始めた。

パパゲーノは、首を吊った時に死んだのではなかったか。
ファウストは、メフィストフェレスと契約をした時に死んだのではなかったか。

契約に向かうファウストは言った。
「己の心を人類の心にまで拡大し、最後には人類同様、己も滅んで行こうと思うのだ。」

メフィストフェレスは言った。
「年月は短く、技芸の道は長し。いい知恵をお貸ししましょうか。
詩人と結託するんですな。」

シューベルトが果たして第9交響曲を聴いたかどうかは伝わっていない。シューベルトは7年前、つまり自分がまだ20歳の時に書いた歌曲「死と乙女」を取りだした。

死が忍び寄る、乙女が「あっちにいって!触らないで!」と叫ぶ、死は「怖くない。私の腕の中でお眠り」と優しく歌う。
クラウディウスの詩に、シューベルトは「魔王」を煎じたような背景を与えた。死は癒しを齎す。「魔王」ではつい声の調子を荒げた死も、「死と乙女」ではひたすらに静かに、ニ短調からヘ長調に移行する。

シューベルトは歌曲から「死」の部分だけをつかみとり、弦楽四重奏曲の中心に据えた。第1楽章、姿を変えた運命が名乗りを上げる。チェロの高らかなファンファーレは、ベートーヴェンがチェロソナタ 第5番で使ったものであった。そして第2楽章「死」のモチーフによる変奏曲がはじまる。

弦楽四重奏曲「死と乙女」は、一度シュパンツィヒ四重奏団によって演奏されたかもしれないという不確かなうわさがあるだけで、シューベルトの生前には広く知られることなく、シューベルトの死後に出版された。

後日、弦楽四重奏曲「死と乙女」のスケルツォをワーグナーが『ラインの黄金』の中で響かせた、その中でニーベルングが下層世界から現れ、黄金を運び去っていった。

___

2021年9月22日(水) 19:30開演
「ラヴェル&シューベルト」

ヴァイオリン:上里はな子
ヴァイオリン:室屋光一郎
ヴィオラ:萩谷金太郎
チェロ:江口心一

https://www.cafe-montage.com/prg/210922.html

知りたい気持ち

音楽に限らず、何か心惹かれる対象があれば、もっとそのことについて知りたいと思ってしまう。

“音楽”に限らない… まずは”人間”で考えてみよう。
あの人のことを気になるきっかけはなんだったのか… と考えてみる。
たぶん、大手有名商社の勤務で、独身で…と同僚がうわさをしているのを聞いたときからだ。…でも、それだけで興味を持ったなんて、自分で認めるわけにはいかない。あの人が素敵だからだ。でも、なぜ素敵なんだろう…ここにとどまっていたくない。もっと知りたい。

まず、有名商社勤務で、おそらく給料が高いだろう。と思って調べたら、その会社の勤務3年目の平均給与を見るだけでも、やっぱり高いはずだった。
じゃあ、あの人はそのお金を何に使っているんだろう。そこに素敵な理由があるはずだ。

…いくら、人づてに聞いたり、会社帰りに300メートルほど後をつけて調べようと思っても、まったくわからない。
秘密主義なのか、ミステリアス、、いよいよ深みにはまってきた。

「いまお帰りですか?」 声をかけてみた!! 
あの人はふりかえった。
「ああ、このごろよくお見掛けしますね。」

300メートルの尾行、、見られてた!!

それから、なんとなくご挨拶をする日々が続き、徐々に、故郷はどこですかとか、親戚に学校の先生が多いとか、先生といえばこんな人がいましたとか、いろいろ回りくどいお話をするうちに、ようやく本題にたどり着いた。

「奈良公園のシカ、実はあそこの食料は全て私が買って送ってます」

有名商社の高月給、鹿のエサに、、、!?

ものすごく偉いことをされている気がするけど、素敵なのかどうかがすぐに判別つかない。…(※フィクションです)

果たして、自分とあの人が一緒に暮らしたとして、鹿の分は果たして自分にも回ってくるのだろうか。少しくらいは…。

素敵なあの人と、私の未来という、おとぎ話が
私の暮らしが上向くか、鹿がこれからも元気に暮らしていくかという、胸がいたくなるような二項展開(?)に発展している。しかも、おそらくどちらも自分には縁のない話だ。

知りたい気持ちを発展させると、自分の居場所が変わっていく。
音楽でも「のちの音楽の方向性を決定づけた最重要作品」と本で読んで、ある交響曲を聴き始めた、そのあとに自分を待ち受けている、おそらく自分には縁のない話のあれこれが、実際に自分の精神の居場所を変えていくことになる。

ブラームスの二重協奏曲は、バロック時代のコンチェルトグロッソに倣って…、と言われると、よくわからない憧れの気持ちが湧いてくる。ブラームスを聴きながら、同時にバロック時代のコンチェルトグロッソを体験するなど、自分の身には過ぎた体験だと自分は思ってしまう。そして、憧れる。

そこから、いろんな人の書くものを読んだり、脳内でブラームスを300メートル脳内尾行したりするうちに、ベートーヴェンの話になったりする。
「ベートーヴェンが書いた『大公トリオ』の冒頭にも、二重協奏曲の冒頭と同じような場面が出てきますね」とブラームスが言う。

ベートーヴェンのトリオ?たしかに…でも、それとコンチェルトグロッソは何の関係が・・・(※フィクションです)

ブラームスのあとをつけることは、特別に面白い。
そこで一生過ごすことが出来ればどれだけいいだろう。そのような憧れをもたらしてくれるし、ついその姿を追いかけてしまったあとには、まったく想像しなかった道に誘い込んでくれる。
そして、はたと立ち止まって周りを見渡した時には、そこにいるのが自分だけではないこと、そして自分の心の中にはまだあの憧れが残っていることを教えてくれる。

ブラームスの第2番のピアノ四重奏曲も、歌劇のような幻想の世界に誘われて、ときどきモーツァルトやシューベルトとすれ違いながら、まだまだ答えの出ない道をこれからも歩かせてくれる素敵な作品なのだ。

もっともっと、聴いていたいと思う。

_____

21年9月9日(木) 20:00開演
「J.ブラームス」- ピアノ四重奏 VOL.2

ヴァイオリン:黒川侑
ヴィオラ:小峰航一
チェロ:上森祥平
ピアノ:島田彩乃

https://www.cafe-montage.com/prg/210909.html