ブラックスミス、ブゾーニ

謎めいた大作として知られているブゾーニのヴァイオリンソナタは、ひとつにはバッハのコラール、そしてもうひとつにはベートーヴェンのOp.109であるホ長調のピアノソナタに範を求めているのだという。
バッハについては旋律がそのまま作品中に出てくるのけれど、ベートーヴェンについてはその「緩-急-変奏曲」の形式に倣ったとだけあって、とまどってしまう。

“ブラックスミス、ブゾーニ” の続きを読む

ショスタコーヴィチ、最後のソナタ

なぜ月光なのだろう…

ずっと考えていた。 ターンタターン、ターンタターン ショスタコーヴィチがその語りつくせない人生の一番最後に完成させたヴィオラとピアノのためのソナタ、その最終楽章がずっと月光のモチーフで埋め尽くされているのだ。 “ショスタコーヴィチ、最後のソナタ” の続きを読む