「シューマンを待ちながら」 第一章

サミュエル・ベケットはある小説を書こうとしていた。

それは、表現の「対象」も「手段」も「欲求」もなく、「表現の義務」のみが存在する小説。

登場人物は、そこで発生する何かを体現する。もしくはそこで何かを発生させる。もしくは、何かを叶えたいと願っている。

生きている人間は、そこで発生する何かのために、いつもそこにいるわけではない。そこで何かを発生させるためにいるのでもない。何かを叶えたいと強く願っているわけでもない。人間は存在し、何のためとは自ら知らずとも、そこにいる。

芸術がリアリズムを超え、その芸術を現実が超えてしまった戦後、「ゴドーを待ちながら」は書かれた。

小説を書く前段階として書かれたこの戯曲が、やがてセンセーションを呼び起こすこととなった。まず、この戯曲が何を意味しているのかについての議論。次に、この戯曲を体験することの意義についての議論。そして、この戯曲が切り開いた世界を、どのように拡張して未来につなげることができるのかという議論。それらの議論が全てむなしく吹き去った後、「ゴドーを待ちながら」は「語りえない本質」という語りえない本質をひとり代表する不朽の名作としてそこに立ち、何かを待っていた。

____


ロベルト・シューマンはまだ来ない。

シューマンが第1番のピアノ三重奏曲 op.63を書いて、そのすぐ後に第2番となるピアノ三重奏曲を書きながら、なぜそれをop.80として第1番から遠いところに置こうとしたのか。それはわからない。

第2番のピアノ三重奏曲は、3曲あるシューマンのピアノ三重奏曲の中では、おそらく一番マイナーな作品だ。そして、3曲の中で唯一はっきりとしたモットーが掲げられた作品でもある。

あなたの姿を私は、
とても幸せな気持ちで
心の奥底にしまっている

これは歌曲集「リーダークライス」の中で、シューマンが「間奏曲」と題したアイヒェンドルフの詩の一節である。シューマンはこの歌曲のメロディをピアノ三重奏曲 第2番の中で幾度も繰り返している。

「あなたの姿」とはだれの姿なのか。
作曲をすすめていた1847年の10月、一度目の卒中に見舞われていた朋友メンデルスゾーンの姿か、もしくは先月に書いた第1番のピアノ三重奏を捧げたばかりのクララなのか、やっぱりそうなのか…。

10月25日、シューマンのピアノ三重奏曲 第2番は完成した。その3日後の28日、メンデルスゾーンは二度目の卒中に見舞われ、話すことができなくなり、さらに数日後の三度目の卒中の翌日、1847年11月4日に永眠した。

翌1848年、ロベルト・シューマンは「子供のためのアルバム」というピアノ曲集を書いた。その中に「思い出 」という小さな曲がある。
そこには題名と共に「1847年11月4日」という日付があり、さらに「フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディの思い出に」と記されている。

「間奏曲」そして「思い出」をここに並べておくので、それぞれ初めの少しだけでも聴いてみて欲しい。

「リーダークライス」op.39の「間奏曲」

 


「子供のためのアルバム」op.68の「思い出」
 
ピアノ三重奏曲 第2番の第1楽章。(1分56秒の箇所から)
 

実にひっそりと、シューマンは思いを綴っていた。
ピアノ三重奏曲 第2番は、クララに捧げた第1番 op.63とは別に、メンデルスゾーンの最後の作品となった弦楽四重奏曲 第6番と同じ「op.80」として出版された。



「間奏曲」op.39-2

あなたの姿を私は、
とても幸せな気持ちで
心の奥底にしまっている

その姿は、とても生き生きと楽しげに
いつも私を見つめていてくれる

私の心は静かに歌う、昔の美しい歌を
歌声は、空に舞い上がって
あなたのところへと導かれていく

Joseph von Eichendorff


______

 

2022年1月13日(木) & 14日(金)

「R.シューマン」 室内楽全集 VOL.1
– 3つのピアノ三重奏曲 –

ヴァイオリン:上里はな子
チェロ:江口心一
ピアノ:島田彩乃

https://www.cafe-montage.com/prg/22011314.html

「全ては終わった」

 

念仏は音楽か。
私はまだ音楽を聴くように、念仏の楽しみを味わったことがない。
でも、ある時まで自分の耳には念仏のように響いていた作品を、いつの間にか音楽として味わうようになったという経験はある。

例えば、ベートーヴェンの後期作品のいくつかは、それを聴けば一段階違う自分になれるとか何とかいう触れ込みで聴いてみたものの、そこに何か意味を見出し、その意味の中において自分は感銘を受けなければいけないのだと言い聞かせ、耳が受けている信号をなんとか解読しようと努力をした5分後にはひどい頭痛と眠気に襲われた。
ベートーヴェンの作品131を音楽として聴くために、自分に何が足りなかったのか。この作品が芸術行為から得た人類最大の遺産の一つということを方々から教えてもらっても、その聴き方については誰からも教わることが出来ず、そのままの意味で頭痛の種を抱えていた時のことを思い出す。

これも人類最大の遺産の一つ、「お能」を観ていても、自分は顔面が二つに引き裂かれるような頭痛と眠気に襲われる。周りを見ると、なにやら小さな本を片手にリラックスして舞台に目を向けている人たちがいる。自分には圧倒的に教養が足りない。そのように感じる。
人類最大の遺産の一つ、「ユリシーズ」にも、数ページで自分は顔面を引き裂かれる。知識は本を読めば何とかなるかも知れないけれど、教養は自分の生活の中で、お箸の持ち方から吟味し直すような覚悟がないと身につかない。いわんや、念仏を音楽のように楽しもうなど、自分の限られた人生の中では、何もかもが手遅れな気がする…。

かつて、いつも変わらぬありがたい教えを延々と説く念仏と同様の扱いを受けたバッハの作品群は、モーツァルト、ベートーヴェン、そして何よりもロマン派によって音楽として広く聴かれるようになった、と想像してみよう。

ベートーヴェンもあやうく念仏になりかけた。
ベートーヴェンが、彼の頭の中にある民衆に向けて投げかけた放物線は、地上に存在する民衆の頭の遥か上を通過するばかりであった。
大放物線の角度を変え、地上に向けたのはメンデルスゾーンとベルリオーズであった。彼らのおかげで人々は、それを受け取るには地球の面積でも足りないシラーの宇宙を、こともなげに口ずさみ始めた。
そして、上↑Heavenに行き、また下↓Hellに行く者双方の寄り道であったバッハの音型は、いつしか不滅のメロディーとして地上→Ground線の上を歩き始めた。

いま音楽とされている、しかし大抵の人にとって念仏に過ぎなかった音の上下運動が、音楽となったのはロマン派においてであった。
と今は言っておきたい。
ロマン派が果たしてそのような使命を負っていることを自覚していたかどうかはともかく、彼らは結託して過去の音型やモットーと戯れ、音楽を創出していった。

突然だが、ここから自分は念仏を書こうと思う。
これが音楽でない分野であれば、おそらく自分にも念仏としか感じられないようなことを書こうというのである。
意味はある。おそらく、色々な手掛かりとなるであろうことを書いていく。
楽譜を読める人、それぞれの作品を記憶している人には、この念仏も音楽に聴こえるかもしれない、もしくはこの念仏を音楽にしてくれる人がいるかもしれないという願いを込めて。


1815年の初夏、ベートーヴェンは「全ては終わった」”Es ist vollbracht” という劇音楽を作曲し、その年末に2曲のチェロソナタ 作品102を書き上げ、彼としては異例の長きにわたったブランクに終止符を打った。
その後交響曲 第九番にも用いられることになるローラーコースターもしくは雪崩のようなサイケデリックな低音がうねりを上げる「全ては終わった」は、ナポレオン没落後の愛国的な雰囲気を扱った「凱旋門」という楽劇の終曲として、「フィデリオ」の台本編者でもあったトライチュケの依頼で書かれたものであった。
しかし、「全ては終わった」”Es ist vollbracht”という題名は、以前からベートーヴェンに親しみのあった作品の名前でもあったのだ。

“Es is vollbracht”
「成就せり」という磔のキリストによる宣言によって、その存在を特異なものとしている福音書にバッハが音楽をつけた「ヨハネ受難曲」である。

磔において「主よ、なぜ私を見捨てるのですか」と嘆くのではなく、「成就せり」と自らの役割を全うしたことを告げるキリストの宣言にバッハがつけた下降旋律(ラメント)は、まずヴィオラ・ダ・ガンバによって奏でられ、そしてアルトによって人に届けられる。

画像1

1808年、ベートーヴェンはバッハの旋律をヴィオラ・ダ・ガンバからチェロにうつし、短く口ずさんだ。

画像3

“Es ist vollbracht”の旋律はその後、「全ては終わった」の後に書き始めた一連のピアノソナタの中で「嘆きの歌」として、さらに大きく歌われることになった。

画像4

過去の旋律から新たなコラールを形作ることについては、バッハは大家であった。”Es ist vollbracht” 若くしてその仕事の全貌を見てしまったフェリックス・メンデルスゾーンが、ロマン派をどのように形作っていったか。その戯れの中にシューマンもショパンも連なって、実に広大な室内楽の世界が広がっていった。

その当時、まだ念仏の状態であった無伴奏チェロ組曲のニ短調で始まる一節

画像5

1843年、メンデルスゾーンはその一節をニ長調で意気揚々と歌いはじめ

画像6

同じチェロソナタの第3楽章では、ほかならぬ「ヨハネ受難曲」の”Es ist vollbracht”のハーモニー展開をアルペジオで奏でるのだ。

画像7

1846年、ショパンは長らく疎遠であった室内楽作品に取り組んだ。
そのト短調のチェロソナタの冒頭、ベートーヴェンのト短調 チェロソナタ 作品5-2を思わせる出だしで突如、ショパンは”Es ist vollbracht”をつぶやく。

画像8

その翌1847年、10年をかけて書いたオラトリオ「エリアス」の最後の改編を終えると同時に姉ファニーを失って、息絶え絶えになっているフェリックス・メンデルスゾーンを背後に感じながら、シューマンは同じ無伴奏でも今度はヴァイオリンパルティータ ニ短調を、

画像9

やはり調性を裏返して、ニ長調で意気揚々と奏でた。

画像10

同1847年、それはメンデルスゾーンの人生終わりの年、いよいよドイツの各地で上演されることになっていたオラトリオ「エリアス」の中では、Bachの”Es ist vollbracht”がこのように4つの音に抽象化されている。

画像13

“Es is genug” 「事は足れり」

11月14日の「エリアス」ウィーン初演を指揮するのを楽しみにしていたというフェリックス・メンデルスゾーンは、二度にわたる卒中に見舞われて、11月4日に死んだ。

メンデルスゾーンに続いてショパンがこの世を去った後、シューマンはやはりニ短調のシャコンヌからヴァイオリンソナタを紡ぎだし、その第3楽章で、友がかつてチェロソナタであしらったアルペジオに、ヴァイオリンのピチカートを手向けの花のように添えた。

画像14

そしてブラームスが現れた。

Es ist vollbracht

音楽がそこには残されていた。

・・・・・・

2021年12月17日(金) 20:00開演
2021年12月18日(土) 18:00開演

「新たな道」
チェロ:笹沼樹
ピアノ:江崎萌子

https://www.cafe-montage.com/prg/21121718.html

 

時計の針をすすめた炎の話:序

作曲家セザール・フランクがどこからやってきたのか。
長い音楽活動の中で、最晩年になってようやく評価されたといわれるこの作曲家の登場までの道のりを探ろうとするのであれば、クラシック音楽史とされるものの流れを根底からひっくり返す覚悟が必要だ。

まずはじめに定義しておかないといけないのは、音楽には音楽が「作られた歴史」と音楽が「聴かれてきた歴史」という二つの歴史があるということだ。

歴史といえば “時計の針をすすめた炎の話:序” の続きを読む

あの時の、死の行方

1824年5月のウィーンでウムラウフによる指揮、作曲家の臨席の中、ベートーヴェンの交響曲 第9番 ニ短調の初演が行われた。
翌6月、シューベルトはニ短調の弦楽四重奏曲を書き始めた。

パパゲーノは、首を吊った時に死んだのではなかったか。
ファウストは、メフィストフェレスと契約をした時に死んだのではなかったか。

契約に向かうファウストは言った。
「己の心を人類の心にまで拡大し、 “あの時の、死の行方” の続きを読む

知りたい気持ち

音楽に限らず、何か心惹かれる対象があれば、もっとそのことについて知りたいと思ってしまう。

“音楽”に限らない… まずは”人間”で考えてみよう。
あの人のことを気になるきっかけはなんだったのか… と考えてみる。
たぶん、大手有名商社の勤務で、独身で…と同僚がうわさをしている “知りたい気持ち” の続きを読む

バッハのパラドックス

音楽の起源はなんだろうか。
それは音楽が初めて作られたときのことなのか、それとも初めて聴かれた時のことなのか。

例えば、バッハのシャコンヌを人々がいつ初めて聴いたのかなどということは、誰も答えることが出来ない。バッハ自身は、確かにシャコンヌを聴いたといえば聴いたのだろう。しかし、そのシャコンヌは私たちが知っているシャコンヌとは別のものであったかも “バッハのパラドックス” の続きを読む

ニコライ・メトネルのこと

メトネルが1933年にパリで書いた「ラフマニノフ」という雑誌記事がある。これは作曲家ラフマニノフについて語りながら、その実、自分語りをしているのではないかと思われる貴重な文章である。

まず登場するのが「名声」についての辛辣な批評だ。
ラフマニノフ、名声ある人なのだが大丈夫かな…と思っていたら、早々に「ラフマニノフについて論じるのは、彼が著名であるがゆえに難しい」ときた。…やっぱりだ。

でも、そう書いた後で、「でもラフマニノフは本物だから」と必死に言い訳するメトネルの言葉を追いながら、本当にいい人なんだなと思う、これは心温まる文章なので “ニコライ・メトネルのこと” の続きを読む

イザイという響き

これまで、他の作曲家の伝記に登場している姿しか知らなかったウジェーヌ・イザイその人について、これまで一度も集中して調べたことがなかった。

イザイという名前は、旧約聖書を書いた一人とされる預言者の名前の連想からも、ヴァイオリン奏者として神格化されているその姿にとても似合っているように思っていた。しかし、イザイがパリで名を成すまでの足跡を追う中で、この名前がもうひとつ、19世紀末のパリにおいてある象徴的な響きをまとっていたのではないかと “イザイという響き” の続きを読む

裏返されたハ短調

シューマンはハ短調を書かなかった。
滅多に書かなかった、という以上に、書かなかった。

ベートーヴェンの死から2年後に、未完成となったピアノ四重奏曲を書こうとしたあとは、ショパンの死の年である1849年に「ミニョンのレクイエム」、人生最後の数年間でミサ曲をそれぞれハ短調で書いた。
それ以外に目立った作品はない。

シューマンは交響曲の年である1841年に、ハ短調の交響曲を書こうとして、 “裏返されたハ短調” の続きを読む

待ち続ける、シューベルト

1817年、シューベルトは自由になった。
自由になると同時に、作曲しかやることがなくなった。
自由を手に、思い立ったようにシューベルトはピアノソナタをたくさん書きはじめて、そのうちの少なくとも4曲を完成させた。そのころ、ベートーヴェンは「ハンマークラヴィーア・ソナタ」に取り掛かっていた。

生涯の友、ヨゼフ・シュパウンとフランツ・ショーバーは、自由になったシューベルトを我が作曲家として、援助を惜しまないだけでなく、重要な創作のパートナーにもなった。

2月シューベルトが画期的な歌曲「死と乙女」を書くと、その翌月にシュパウンは「若者と死」の詩を、ショーバーは「楽に寄す」の詩を続けて書き、シューベルトはその2つの詩に寄せる音楽を瞬く間に書いた。
いずれもこの世ではないところに連れ去られる歌であり、二人は “待ち続ける、シューベルト” の続きを読む