あの時の、死の行方

1824年5月のウィーンでウムラウフによる指揮、作曲家の臨席の中、ベートーヴェンの交響曲 第9番 ニ短調の初演が行われた。
翌6月、シューベルトはニ短調の弦楽四重奏曲を書き始めた。

パパゲーノは、首を吊った時に死んだのではなかったか。
ファウストは、メフィストフェレスと契約をした時に死んだのではなかったか。

契約に向かうファウストは言った。
「己の心を人類の心にまで拡大し、最後には人類同様、己も滅んで行こうと思うのだ。」

メフィストフェレスは言った。
「年月は短く、技芸の道は長し。いい知恵をお貸ししましょうか。
詩人と結託するんですな。」

シューベルトが果たして第9交響曲を聴いたかどうかは伝わっていない。シューベルトは7年前、つまり自分がまだ20歳の時に書いた歌曲「死と乙女」を取りだした。

死が忍び寄る、乙女が「あっちにいって!触らないで!」と叫ぶ、死は「怖くない。私の腕の中でお眠り」と優しく歌う。
クラウディウスの詩に、シューベルトは「魔王」を煎じたような背景を与えた。死は癒しを齎す。「魔王」ではつい声の調子を荒げた死も、「死と乙女」ではひたすらに静かに、ニ短調からヘ長調に移行する。

シューベルトは歌曲から「死」の部分だけをつかみとり、弦楽四重奏曲の中心に据えた。第1楽章、姿を変えた運命が名乗りを上げる。チェロの高らかなファンファーレは、ベートーヴェンがチェロソナタ 第5番で使ったものであった。そして第2楽章「死」のモチーフによる変奏曲がはじまる。

弦楽四重奏曲「死と乙女」は、一度シュパンツィヒ四重奏団によって演奏されたかもしれないという不確かなうわさがあるだけで、シューベルトの生前には広く知られることなく、シューベルトの死後に出版された。

後日、弦楽四重奏曲「死と乙女」のスケルツォをワーグナーが『ラインの黄金』の中で響かせた、その中でニーベルングが下層世界から現れ、黄金を運び去っていった。

___

2021年9月22日(水) 19:30開演
「ラヴェル&シューベルト」

ヴァイオリン:上里はな子
ヴァイオリン:室屋光一郎
ヴィオラ:萩谷金太郎
チェロ:江口心一

https://www.cafe-montage.com/prg/210922.html

シューベルト、こちらへ

Du mußt es dreimal sagen.
「おはいり」、とファウストは3度言わなければならなかった。
オペラ「ルル」原作の冒頭の長台詞においても、ヴェーデキントは「おはいりなさい」と3度、猛獣使いにいわせている。

ウェーバーの「舞踏への勧誘」でも、大変に長い3度目の「おはいり」のあと、ようやく舞踏会への入口が開かれる。

ベートーヴェンも2度目の脅しつけるような「おはいり」のあと、3度目の「おはいり」が長く、そのまま追っかけ合いの舞踏会に突入する。

“シューベルト、こちらへ” の続きを読む

ショパン、ベートーヴェン

ショパンには2歳年下の妹がいた。

名はエミリア。音楽のショパンに対して、文学のショパンともなるべき才能を若くして示した彼女は、兄フレデリクとともに「文芸娯楽協会」を立ち上げ、会長に就任した兄の秘書を務め、演劇の台本を書いて共に演じた。

兄との共作「失策、あるいは見せかけのペテン師」では、迫真の演技で市長役を演じる兄フレデリクの横で、エミリアは作者役として座っていた。エミリアは人を笑わせることが得意で、病弱な兄とは違って常に快活であったのに、14歳にして結核にかかり、そのまま回復することなく2か月後に死んでしまった。 “ショパン、ベートーヴェン” の続きを読む

二つの歴史、モーツァルト

モーツァルトの音楽には二つの歴史がある。
一つは、それが作曲者の手によって書かれたことの歴史
そして、それらが世に知られるようになったことの歴史

1775年にミュンヘンで一息に書かれた6つのピアノソナタは、その為にお金を払う人もなく、長らくはまったく知られることのなかった作品であった。第1番から第5番までのソナタが出版されたのはモーツァルトの死後、1799年のこと…その前年にベートーヴェンは「悲愴」ソナタを書いていた。 “二つの歴史、モーツァルト” の続きを読む