あの時の、死の行方

1824年5月のウィーンでウムラウフによる指揮、作曲家の臨席の中、ベートーヴェンの交響曲 第9番 ニ短調の初演が行われた。
翌6月、シューベルトはニ短調の弦楽四重奏曲を書き始めた。

パパゲーノは、首を吊った時に死んだのではなかったか。
ファウストは、メフィストフェレスと契約をした時に死んだのではなかったか。

契約に向かうファウストは言った。
「己の心を人類の心にまで拡大し、最後には人類同様、己も滅んで行こうと思うのだ。」

メフィストフェレスは言った。
「年月は短く、技芸の道は長し。いい知恵をお貸ししましょうか。
詩人と結託するんですな。」

シューベルトが果たして第9交響曲を聴いたかどうかは伝わっていない。シューベルトは7年前、つまり自分がまだ20歳の時に書いた歌曲「死と乙女」を取りだした。

死が忍び寄る、乙女が「あっちにいって!触らないで!」と叫ぶ、死は「怖くない。私の腕の中でお眠り」と優しく歌う。
クラウディウスの詩に、シューベルトは「魔王」を煎じたような背景を与えた。死は癒しを齎す。「魔王」ではつい声の調子を荒げた死も、「死と乙女」ではひたすらに静かに、ニ短調からヘ長調に移行する。

シューベルトは歌曲から「死」の部分だけをつかみとり、弦楽四重奏曲の中心に据えた。第1楽章、姿を変えた運命が名乗りを上げる。チェロの高らかなファンファーレは、ベートーヴェンがチェロソナタ 第5番で使ったものであった。そして第2楽章「死」のモチーフによる変奏曲がはじまる。

弦楽四重奏曲「死と乙女」は、一度シュパンツィヒ四重奏団によって演奏されたかもしれないという不確かなうわさがあるだけで、シューベルトの生前には広く知られることなく、シューベルトの死後に出版された。

後日、弦楽四重奏曲「死と乙女」のスケルツォをワーグナーが『ラインの黄金』の中で響かせた、その中でニーベルングが下層世界から現れ、黄金を運び去っていった。

___

2021年9月22日(水) 19:30開演
「ラヴェル&シューベルト」

ヴァイオリン:上里はな子
ヴァイオリン:室屋光一郎
ヴィオラ:萩谷金太郎
チェロ:江口心一

https://www.cafe-montage.com/prg/210922.html

カルメン、幻想と夜の歌

果たして、自分はカルメンの物語を知っていただろうか。
ロームシアターでの小澤征爾音楽塾公演の「カルメン」を観て、
これまで自分は知らなかったのだと思った。

カルメンを観たのは、初めてではない。
2000年にウィーン国立歌劇場で、ド・ビリーの指揮。
カルメンはアグネス・バルツァだった。
BS放送で見たのと同じ人がカルメンを歌っている… というだけで胸がいっぱいになり、カルメンが登場した瞬間から圧倒的な熱量を受け続けた強烈な思い出ではあるけれども、作品に関しては、カルメンのお話は知っている…、音楽も有名、とだけ思っていた。

でも今回、自分は知らなかったものを観てしまった。

“カルメン、幻想と夜の歌” の続きを読む

メンデルスゾーン・バルトルディ

散策し、山に登るというロマン派の象徴を舞台にした「二百十日」という短編を漱石が書いている。温泉宿にて、かみ合う必要のない会話に終始し何の事件も起こらないまま、時間が来て山に登りはじめるものの、その日がちょうど二百十日の嵐にあたっていて、結局山に登ることが出来ず、また登ろうか…そんな話。

今日はフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディの210年目の誕生日だという。
さまざまな音楽を聴く中で、人が拠り所としているものの大部分を作り上げた、この天才について、聴き手として何か言うべきことはないのか。

“メンデルスゾーン・バルトルディ” の続きを読む

ドビュッシーのいない世界。

1848年12月
革命の混乱を一段落させる形で、ハプスブルク最後の皇帝となったフランツ・ヨーゼフ1世が18歳にして皇帝に即位した、その1週間後にフランスで行われた大統領選挙で75%に迫る票を獲得して勝利したのがルイ・ナポレオン、その3年後のクーデターを経て皇帝に就任したナポレオン三世である。

1861年3月
ナポレオン三世の勅命によって、ワーグナーの「タンホイザー」が大改造後のパリで上演された。娯楽要素の少ない音楽劇の上演を妨害する笛や怒号がオペラ座に鳴り響く中、陶酔状態で舞台を見つめていたシャルル・ボードレールの姿があった。翌1862年、クロード・ドビュッシーが生まれた。
“ドビュッシーのいない世界。” の続きを読む

モーツァルト、最初のピアノソナタ

なぜ、あの一度の人生があり得たのに、再び、もう一度あの人生があり得ないのか。

誰の教えを乞うこともなく、考えに考え抜いて、遠くに日が昇り始める頃に、すでに使い切った真っ白な頭で眠りにつく。

ノスタルジアは、それを経験した人にとっては、まさにそれが自分の人間であることに気づいた初めであったかのような感覚のことであり、孤独を生涯の友として歩き始めたことの記憶の全てなのだ。 “モーツァルト、最初のピアノソナタ” の続きを読む