ニコライ・メトネルのこと

メトネルが1933年にパリで書いた「ラフマニノフ」という雑誌記事がある。これは作曲家ラフマニノフについて語りながら、その実、自分語りをしているのではないかと思われる貴重な文章である。

まず登場するのが「名声」についての辛辣な批評だ。
ラフマニノフ、名声ある人なのだが大丈夫かな…と思っていたら、早々に「ラフマニノフについて論じるのは、彼が著名であるがゆえに難しい」ときた。…やっぱりだ。

でも、そう書いた後で、「でもラフマニノフは本物だから」と必死に言い訳するメトネルの言葉を追いながら、本当にいい人なんだなと思う、これは心温まる文章なのである。

なんとかラフマニノフの面子を立て直した(と恐らく彼自身が満足した)あと、「作曲家の音楽そのものを理解するための鍵であるかのように、なぜ作曲家の伝記に頼るのか。」と、いまここで書こうとしていることなど一瞬で吹き飛びそうな一言を読者に浴びせかける。
(ここだけの話ですが、メトネル先生、あなたの伝記に日本語訳はないのです。)

この文章の最後の方に、メトネルはとても興味深いことを書いてくれていた。
それはラフマニノフの指揮者としての功績について書いているもので、チャイコフスキーの交響曲が、ロシアにおいてでさえもアルトゥール・ニキシュ(ドイツの名指揮者)もしくは彼の模倣者による演奏でしか聴けなかったと、まずメトネルは不満を述べる。

ニキシュの天才的な解釈を認めながらも、それがゆえにたちまち「盲目でへたくそな模倣者の、素人で自称の指揮者たち」の餌食になった、と当時でも下手をすれば裁判沙汰になるのではと心配になる勢いでさんざんに毒づいた後で、そこに登場したラフマニノフによる指揮棒の一振りよって「この模倣の伝統が曲の中から消え去って、私たちが再び、これをまるで初めて演奏される曲のように」聴いた時のことが忘れられないと、遠くを見つめるメトネルの眼差しには、やはり読むものを感動に導くものがある。

指揮者としてそのような特別な体験を聴衆に齎しながらも「いやまだ全くこうではない、違う……」と常に不満を漏らすラフマニノフを描き、『鐘』が町の生活から消えゆくいま、「この深く、圧倒的な音で、街頭のあらゆる不協和音を覆いつくす、その打つ音の一つ一つの価値をとりわけ大切に」という大団円で、この感動の文章は締めくくられる。

メトネルが1909年に作曲した曲集「おとぎ話」op.20には、「鐘」”Campanella”という小品が含まれていて、その副題が”Song or tale of the bell, but not about the bell” つまり「鐘の”歌”もしくは”おとぎ話”、だが鐘の音ではない」となっている。

1913年に初演されたラフマニノフの合唱付き交響曲「鐘」は、さまざまな鐘の物語を題材にしている。この作品の発端は、1907年にポーの作による鐘の詩をラフマニノフが入手したことであったらしい。

鐘の音の描写ではない鐘物語の世界観を、彼ら二人の作曲家が直接に共有していたかどうかはここでは重要ではないかもしれないが、二人の結びつきが運命的なものであったと様々な文献に書かれていることの、ひとつの象徴であるような気もしてくるのである。


・・・・・

2021年7月1日(木) 20:00開演
「N.メトネル作品集」
ピアノ:秋元孝介
https://www.cafe-montage.com/prg/210701.html

イザイという響き

これまで、他の作曲家の伝記に登場している姿しか知らなかったウジェーヌ・イザイその人について、これまで一度も集中して調べたことがなかった。

イザイという名前は、旧約聖書を書いた一人とされる預言者の名前の連想からも、ヴァイオリン奏者として神格化されているその姿にとても似合っているように思っていた。しかし、イザイがパリで名を成すまでの足跡を追う中で、この名前がもうひとつ、19世紀末のパリにおいてある象徴的な響きをまとっていたのではないかと思い始めている。

ひとまず、イザイがパリの楽壇に登場するまでの、その足跡を辿っていこう。

1870年、まだ12歳のイザイはリエージュのある地下室でヴァイオリンの練習をしていた。その音が、道を通りがかった大ヴァイオリニストのアンリ・ヴュータンの耳に届いた。その音の主を確かめたヴュータンは、ブリュッセルに彼を呼び寄せ、自分のアシスタントを務めていたヴィエニャフスキに少年イザイの教育を任せることにした。

1875年2月、ロシアの大ピアニスト、大教授であり大作曲家のアントン・ルビンシュタインはかねてよりパリオペラ座に委嘱され、作曲の最終段階に入っていたオペラ「皇帝ネロ」の打ち合わせのためにパリを訪れ、そのついでにアンリ・ヴュータンが主催した夜会を訪れた。
そこには17歳になったウジェーヌ・イザイがいた。
ヴュータンとその一番弟子のヴィエニャフスキの薫陶を正面から受け止めていた彼の演奏を、アントン・ルビンシュタインはその時初めて聴いた。

それから6年以上の月日が経った。
結局「皇帝ネロ」はパリでは演奏されなかった。

1881年の5月、アントン・ルビンシュタインはベルリンにいた。そこで開催されている食事つきコンサートで、イザイがオーケストラのトップを弾いているのを見つけた。イザイの食事付きコンサートでのキャリアがすでに3年目になると聞いたアントン・ルビンシュタインは、イザイを翌1882年の自分の北欧とロシアのツアーに同伴させ、自分の観客にソリストとして紹介した。

翌1883年、イザイはチューリッヒでフランツ・リストに会った。そして、のちにベルリン・フィルハーモニー管弦楽団となるはずの、しかし、その時は食事付きコンサートのオーケストラの仕事をやめた。
翌1884年、パリに移り住んだイザイは「トリスタンとイゾルデ」のパリ初演 (第1幕のみ) に触れて、並々ならぬ感動をうけた。
1885年にサンサーンスの指揮のコンセール・コロンでサン・サーンスやラロの作品を演奏し、その評判は聴衆にも広く伝わっていった。
1886年、イザイの結婚式に合わせて、セザール・フランクのヴァイオリンソナタが書かれた。

イザイは「トリスタンとイゾルデ」を聴いて「バッハやベートーヴェンからでさえ、これほどのインパクトをうけたことはない」とまで言ってしまったらしいのだが、その詳細を知りたくて調べているうちに「トリスタンの息子イザイ」という文言に行き当たった。

「トリスタンとイゾルデ」”Tristan et Yseut”の物語には、中世に書かれた外伝がふたつある。
ひとつはトリスタンとイゾルデの親の世代の物語。
もうひとつは「悲しみのイザイ」”Ysaÿe le Triste”という題名で、トリスタンとイゾルデが死ぬ少し前に生まれた彼らの息子イザイの物語らしいのだ。

すでに失われた言語で書かれたそれら二つの外伝は、まだ英語にさえ翻訳が成されていないために、どのような話の内容であるかが朧気にしか伝わっていない。

トリスタンという名前。古いアイルランド語の「騒々しい=元気に泣く、子」というもともとの意味に、ラテン語の「悲しい」という響きが加わることで、その有名な物語に奥行きが与えられている。

イゾルデにも、もともとの名前の意味に加えて、もしかしたら”預言者”の響きを加えることが出来るということなのだろうか。
自分にはまだそこまでのことはわからない。

19世紀末に「トリスタン」とイザイは、ほぼ同時にパリに姿を現した。

ワーグナーの音楽がフランスにもたらしたもの。
イザイのヴァイオリンがフランスにもたらしたもの。
音楽のみならず、香りの段階にまで達したその大きさについて、自分はまだまだ想像がついていないのかもしれないと思った。

 

・・・・・

ヴァイオリン:会田莉凡
https://www.cafe-montage.com/prg/210617.html

裏返されたハ短調

シューマンはハ短調を書かなかった。
滅多に書かなかった、という以上に、書かなかった。

ベートーヴェンの死から2年後に、未完成となったピアノ四重奏曲を書こうとしたあとは、ショパンの死の年である1849年に「ミニョンのレクイエム」、人生最後の数年間でミサ曲をそれぞれハ短調で書いた。
それ以外に目立った作品はない。

シューマンは交響曲の年である1841年に、ハ短調の交響曲を書こうとして、たったの2日であきらめたことがある。
最終的にシューマンは変ロ長調で「春」の交響曲を書いたのだが、この時期にベートーヴェンのハ短調を研究していたことが、翌1842年に作曲されたピアノ四重奏曲にもあらわれている。

そのピアノ四重奏曲はハ短調の裏返しである変ホ長調で書かれた。
そこにはベートーヴェンの二つのハ短調ソナタが登場する。
第1楽章にはベートーヴェンの悲愴ソナタとバッハのイタリア協奏曲の関係が透かし彫りで刻まれ、最終楽章は冒頭にベートーヴェンの最後のピアノソナタの第1楽章の第1主題が、やはり裏返しの形で登場しフーガを形成する。

 

ロマン派はハ短調を書かなかった。
滅多に書かなかった、という以上に、滅多に書かなかった。

メンデルスゾーンはベートーヴェンが生きているときにはまだハ短調の作品を書いていたが、それ以降は自らの死の前年のピアノ三重奏曲まで書かなかった。その同じ年に、シューマンは交響曲第2番の第3楽章をハ短調で書いている。

ショパンは練習曲集と前奏曲集の中でそれぞれ1曲ずつ、そして夜想曲 op.48-1をハ短調で書いた。
その夜想曲が作曲されたのは、先ほど書いたシューマンのハ短調の交響曲が2日間でとん挫したのと同じ1841年であった。

リストは超絶技巧練習曲集に1曲、そのほかには目立ったハ短調の作品はない。

時代の一つのうねり、そこで彼らが共有していた空気は、こうしてハ短調を軸にすることでも観察できる。
そのうねりはブラームスを直撃した。彼は最初の交響曲が完成するまで、何年にもわたってハ短調を書き続けた。

 

・・・・・

 

2021年6月13日(日) 19:00開演
ヴァイオリン:上里はな子
ヴィオラ:前山杏
チェロ:上森祥平
ピアノ:岸本雅美

https://www.cafe-montage.com/prg/210613.html