交響曲「ザ・グレート」

1839年の3月21日に交響曲「ザ・グレート」はフェリックス・メンデルスゾーン指揮のゲヴァントハウス管弦楽団によって初演された。
パート譜はシューマンが前年にウィーンから送り付けてきたシューベルトのページの順番が不揃いなままの自筆譜から、ただでさえ多忙のメンデルスゾーンが暗号を解くように並べて書き起こした。

シューマンはメンデルスゾーンとは別に出版社ブライトコプフにあてて、「シューベルトの手による未出版の交響曲が4つか5つかある」と書き送り、「お望みであれば私が4手ピアノ版に編曲する」と売り込みをかけていた。

”Die Symphonien könnten Sie im vierhändigen Arrangement erscheinen lassen welcher Arbeit ich mich gern selbst unterziehen würde.” - 1839年1月6日 ブライトコプフ宛書簡

1839年の初演時に、シューマンはまだウィーンから戻っておらず、メンデルスゾーンはオーケストラがすぐには演奏できなさそうな箇所を省いていたそうだ。
その年の年末に、メンデルスゾーンは今度こそ完全版の初演を目論んでオーケストラリハーサルをはじめた。シューマンはこの作品を実際に聴いたのはこのリハーサルの時のことであった。彼はクララ(未婚)に法外な手紙を書いた。

「この長さと言ったら、4分冊の小説のようで、ベートーヴェンの第九よりも長い。私はとても幸せだし、君が私の妻でいて、しかもこんな交響曲を書くことが出来るという以上の望みは私にはない…」

"… und diese Länge wie ein Roman in vier Bänden, länger als die neunte Symphonie. Ich war ganz glücklich und wünschte nichts, als Du wärest meine Frau und ich könnte auch solche Symphonien schreiben." 
 - 1839年12月11日 クララ宛書簡

シューマンは他にもシューベルトの最後のピアノソナタなど、シューベルトの数多くの未出版作品を世に送り出したが、のちに「ザ・グレート」と呼ばれることになるこの交響曲の普及には、メンデルスゾーンと結託して熱心に取り組んだ。1840年にオーケストラパート譜と同じくしてブライトコプフ社から出版されたピアノ4手版が、前年にシューマンが「自分の手で」という売り込みが実現したものかどうかはわからない。ともあれ、この作品のスコアに触れることが出来たのが、当時パート譜の制作に没頭していたメンデルスゾーンと、その提供者たるシューマン以外に誰が存在したのであろうかと考えると、この4手版が初演に関わる貴重なドキュメントである可能性が高いと言っていいのではないか。
シューマンは1840年に今度は自身の「新音楽時報」に記事を書き、その中でクララにあてた「4分冊の小説に比する」という表現を繰り返して、さらに一言「天国的な長さ」と付け加えた。

メンデルスゾーンはこの交響曲の「延々と続く三連符」を弾いてもらうようにと、弦楽奏者たちに頭を下げる日々の中で、ようやく実現すると思ったら演奏の直前に火災報知器(あったらしい…)が誤って鳴ってしまい、ホールから人影が消えて公演が延期になったり、訪問先のイギリスでもやはりオーケストラ楽団員の反発にあうなど、メンデルスゾーンの生前にはあまり演奏される機会に恵まれなかった。
そのような中、1840年出版の4手版がどれだけ普及していたかはわからない。

"Sag' ich es gleich offen: wer diese Symphonie nicht kennt, kennt noch wenig von Schubert…"
 - 1840年3月「新音楽時報」

「この交響曲を知らないということは、シューベルトについてはまだほとんど知らないということだと、いっそ断言してしまおう」とシューマンは書いたけれど、この交響曲について自分はまだまだわかっていないことがたくさんあるのかも知れないと、1840年ピアノ4手版を聴きながら考えていた。
フォーレがバイロイト詣でをしたあとでメサジェと共作した「バイロイトの思い出」という、どこかパロディめいたピアノ4手作品があるのだが、シューベルトがそのような「思い出」をこの交響曲の中に書きとめていたのではないかと、ピアノで演奏されることによってはじめて気が付いた箇所がいくつもある。それはすでにブラームス流の「思い出」の形式とも思えるのだ。

この交響曲「ザ・グレート」以降、あたかもまだ生きているかのように次々と「新作」が発表され、メンデルスゾーンの死後も、シューマンの死後も、シューベルトは大作曲家としての地位をますますと高めていくこととなったのであった。

 

・・・・・

 

2022年5月13日(金) 20:00開演

「ザ・グレート」– F.シューベルト 

ピアノ:佐藤卓史
ピアノ:松本和将

https://www.cafe-montage.com/prg2/220513.html

メルセデス・アンサンブル 発足!

カフェ・モンタージュのシリーズ『シューマンを待ちながら』は「第一期」と設定していたピアノ三重奏曲、ピアノ四重奏曲、ピアノ五重奏曲の3公演を終え、これから始まる「第二期」ではシューマンのデュオから弦楽四重奏まで、シューマン周辺の作曲家の作品を交えたプログラムを予定しています。そこでこちらからひとつの提案を致しました。

「アンサンブルの名前をつけませんか?」

室内楽作品を通して、ロベルト・シューマンの到来を待ち望む本シリーズ。
その終了まで「第一期」のメンバーに引き続き演奏をお願いしたいということと、このあとシリーズが終了してしまった後も、この稀有なメンバーによるアンサンブルを引き続き聴かせていただくことが出来れば…という願いからのことでした。

「わかりました。では、名前はカフェ・モンタージュの方で考えてください!」

メンバーの皆様がそう言ってくださったので、カフェ・モンタージュ一同、懸命に考えました。こうした名前を考えるのは「カフェ・モンタージュ」以来、つまり10年振りの事です。

 

メルセデス・アンサンブル

 

“Mercedes” というのは”Maria de las Mercedes”(慈悲のマリア)を略した固有名詞で、特にスペインでは王女の名前として知られるほか、ビゼーの歌劇「カルメン」の役名としても登場していて、いまでも欧州では一般的な女性の名前として使用されています。

英語ではそのまま”Mercy”と書くのですが、ピーター・ガブリエルが詩人アン・セクストンの詩に触発されて1986年に書いた”Mercy Street”という歌があって、その中で

Dreaming Mercy Street         
Where you’re inside out           
Looking for Mercy Street       
Mercy, Mercy, mercy…        

マーシー通りを夢見ている
君はそこでは裏返し(外見ではなく内面)である
マーシー通りを探している
マーシー、マーシー、慈悲を、

と歌われていたのが印象的だったこと。

Mercyがフランス語では”Merci”「ありがとう」であること。

常に宗教画の題材としてあり続けたマリアの中でも、羽織りマントの中に数多くの人を匿う「慈悲のマリア」の姿に、集まった人たちを「音楽」で包み込むこのアンサンブルへの期待を重ねたいと思ったこと。

by Alejo Fernandez 1535

アンサンブルは以下の5名をコアメンバーとして、デュオから五重奏、将来的にはもっと大きな規模の室内楽公演の実現も目指したいとしています。

ヴァイオリン:上里はな子
ヴァイオリン:ビルマン聡平
ヴィオラ:坂口弦太郎
チェロ:江口心一
ピアノ:島田彩乃

そして…

メルセデス・アンサンブルとしての第1回公演を開催することが急遽決定いたしました!

2022年5月21日(土) 20:00開演
「シューマンを待ちながら」

Mercedes Ensemble
ヴァイオリン:上里はな子
チェロ:江口心一
ピアノ:島田彩乃

公演詳細はこちら。皆様のご来場をお待ちしております!
https://www.cafe-montage.com/prg2/220521.html

 

「楽譜のこと」 シューマン:ピアノ四重奏曲 ハ短調


「シューマンの知られざるピアノ四重奏曲」

といって、どのような規模のものを想像するだろうか。自分は、例えばマーラーの四重奏断章のように、長くても20分くらいのものではないかと思っていた。そんな情報をどこかで見たような気もしていた。でも、楽譜が出版されているということを知って、調べてみるとなんと30分はかかりそうな規模の作品であることがわかった。そのような大規模な室内楽作品が、初期の、人によってはシューマン芸術の電圧が最も高かったとさえ表現するほどの、重要な時期に書かれていたというのである。

“「楽譜のこと」 シューマン:ピアノ四重奏曲 ハ短調” の続きを読む

裏返されたハ短調 – PARTⅡ

「彼女のために存在するのは、私だけでいい」

そのように歌う歌曲『秋に』を、シューマンは18歳の時に作曲しながら発表せず、のちにその旋律をピアノソナタ 第2番の緩徐楽章に写し取った。

1829年、19歳のシューマンは全4楽章からなるハ短調のピアノ四重奏曲を書いていた。その作品はほぼ完成したところで放置され、シューマンはのちに作曲家としてのデビュー作として、同じ1829年に書いたピアノ曲「アベッグ変奏曲」を作品1として出版した。 “裏返されたハ短調 – PARTⅡ” の続きを読む

「シューマンを待ちながら」 第一章

サミュエル・ベケットはある小説を書こうとしていた。

それは、表現の「対象」も「手段」も「欲求」もなく、「表現の義務」のみが存在する小説。

登場人物は、そこで発生する何かを体現する。もしくはそこで何かを発生させる。もしくは、何かを叶えたいと願っている。

生きている人間は、そこで発生する何かのために、いつもそこにいるわけではない。そこで何かを発生させるためにいるのでもない。何かを叶えたいと強く願っているわけでもない。人間は存在し、何のためとは自ら知らずとも、そこにいる。

芸術がリアリズムを超え、その芸術を現実が超えてしまった戦後、「ゴドーを待ちながら」は書かれた。

“「シューマンを待ちながら」 第一章” の続きを読む

「全ては終わった」

 

念仏は音楽か。
私はまだ音楽を聴くように、念仏の楽しみを味わったことがない。
でも、ある時まで自分の耳には念仏のように響いていた作品を、いつの間にか音楽として味わうようになったという経験はある。

例えば、ベートーヴェンの後期作品のいくつかは、それを聴けば一段階違う自分になれるとか何とかいう触れ込みで聴いてみたものの、そこに何か意味を見出し、その意味の中において自分は感銘を受けなければいけないのだと言い聞かせ、耳が受けている信号をなんとか解読しようと努力をした5分後にはひどい頭痛と眠気に襲われた。 “「全ては終わった」” の続きを読む

あの時の、死の行方

1824年5月のウィーンでウムラウフによる指揮、作曲家の臨席の中、ベートーヴェンの交響曲 第9番 ニ短調の初演が行われた。
翌6月、シューベルトはニ短調の弦楽四重奏曲を書き始めた。

パパゲーノは、首を吊った時に死んだのではなかったか。
ファウストは、メフィストフェレスと契約をした時に死んだのではなかったか。

契約に向かうファウストは言った。
「己の心を人類の心にまで拡大し、 “あの時の、死の行方” の続きを読む

知りたい気持ち

音楽に限らず、何か心惹かれる対象があれば、もっとそのことについて知りたいと思ってしまう。

“音楽”に限らない… まずは”人間”で考えてみよう。
あの人のことを気になるきっかけはなんだったのか… と考えてみる。
たぶん、大手有名商社の勤務で、独身で…と同僚がうわさをしている “知りたい気持ち” の続きを読む

バッハのパラドックス

音楽の起源はなんだろうか。
それは音楽が初めて作られたときのことなのか、それとも初めて聴かれた時のことなのか。

例えば、バッハのシャコンヌを人々がいつ初めて聴いたのかなどということは、誰も答えることが出来ない。バッハ自身は、確かにシャコンヌを聴いたといえば聴いたのだろう。しかし、そのシャコンヌは私たちが知っているシャコンヌとは別のものであったかも “バッハのパラドックス” の続きを読む